このブログは移転しています。

MKTIAの備忘録

現在MKTIAの備忘録に記事を移行中です。

Heroku上でflaskを使ってPythonを実行する 3

最後に Heroku 上で動くかどうか、試してみましょう。

スポンサーリンク

Gitを使う

最初にメールアドレスとユーザー名をいれておきます。

Herokuにデプロイ

Heroku にログインし、アプリをデプロイします。

ログインしたら、アプリを登録します。

アプリ名は Heroku 内での重複を許さないので注意してください。

最後に push します。

ここでエラーが出なければ成功です。

アプリを開くときは次のコマンドを使うと楽です。

Application Errorが発生するとき

いざ開いてみると Application Error で動いていないことがあります。

再起動

一応再起動もしてみましたが、やはり直りませんでした。

logの出力

log を見て原因を探します。

私の場合は ImportError: No module named app というエラーでした。

最初にアプリを作っていた時は app.py ではなく hello.py という名前で作っていましたが、上記のように Procfile でアプリ名を指定していたので、hello を app に変えたところ直りました。

最後に

今回はデータベースを使わなかったので、PostgreSQL とかの使い方はやってません。

とりあえず Heroku というか Git による管理などに慣れていかなければ…

参考サイト

続いてはPython(Flask)でHeroku! | Qiita

Flask を触ってみる + Heroku で動かす | Qiita

スポンサーリンク

フォローする