このブログは移転しています。

MKTIAの備忘録

現在MKTIAの備忘録に記事を移行中です。

[Python]Flaskでクエリの内容を取得する

リダイレクトされた URL に付属しているクエリ内容を取得するのに意外と手間取ってしまったので、その備忘録です。

スポンサーリンク

クエリとは

http://www.example.com/?access_token=ABCDE

という URL にリダイレクトしたとして、? 以降をクエリといいます。

この例において、access token の値として ABCDE を取得したいときは request を使うと楽です。

requestの使い方

まず、インポートします。

flask から呼び出すだけで OK です。

引数にクエリの名前を入力すると、クエリの値が返ってきます。

スポンサーリンク

フォローする